さまざまな輸送方法

飼い主とペット

ペットの体調を考慮

引っ越しや、譲渡などでペットを移動する必要がある場合、一番最適なのは家族と一緒に連れて移動することでしょう。しかし公共交通機関を利用した引っ越しであったり、遠距離であったりなど、必ずしも一緒に連れていけるわけではありません。そこで利用したいのが、ペット輸送のサービスです。ペット輸送にも種類があり、ドアtoドアである直送便、航空機を利用するもの、トラック輸送などがあります。最もペットへの負担が少ないのは直送便で、同じスタッフが、ペットを預かり、車を運転し相手先まで送り届けます。ペットを荷室などに入れることがないため、スタッフと同じ空調環境の中で運ぶことが出来る、いつでもペットの体調を確認することが出来るといったメリットがあります。遠方への移動で航空機を利用する場合は、空港までスタッフが連れて行き、空港スタッフに引き継ぎ、着陸後はまた別のスタッフによって送り届けることとなります。航空機利用のため、気圧や温度が多少ありますが、移動時間は短くて済むというメリットがあります。トラックを利用した輸送では、カーゴなどに入れたペットを、他の荷物と一緒に配送します。基本的にはペット輸送中は、エサをあげたり、清掃などは行わないため、近距離〜中距離向けの輸送法と言えます。ペットの移動は、家族と一緒が安心ですが、高速道路のサービスエリアなどでは飲食店などにはペットは一緒に入れないという問題もあります。ペットにとって移動時間を少なくするという事は、体調の負担を軽くするために重要です。大切なペットにとって、どのようなペット輸送が最適かよく考えて選ぶようにしましょう。